専業主婦の希望は難しい?婚活の実情

幸せな毎日を送ることが出来ています

専業主婦になりたいと考えていた / 結婚を意識して出会っている以上自分の希望を伝えないでするわけにはいかない / 幸せな毎日を送ることが出来ています

最終的に結婚を決めた相手は私の希望に対して真剣に考え、納得してくれました。
女性が働きながら家事や育児をする大変さもあるだろうとし、家を守ってもらうことを考えれば私の希望通りの方が家庭は上手く回るかもしれないと考えてくれたのです。
こちらの意見に対して反対されることもなく、むしろ肯定的に考えてくれたことも後押しして、その男性と結婚しました。
結婚10年を経過した今、子育てと家事を毎日頑張っています。
仕事をしてくれている夫にはとても感謝していますし、私の希望を叶えてくれていることに有り難さを感じます。
もうすぐ社会復帰する予定ですが、家で家事と子育てをしてきた時間も経験したことで、より働くということに意欲的になれている自分もいますので、今度は経済的な面で夫を支えられるように努力していきたいと思っています。
婚活の段階で家に入りたいという希望を条件から外したものの、お付き合いした男性にはちゃんと希望を伝え、納得した上で結婚したので、後から揉めるようなこともなくとても幸せな毎日を送ることが出来ています。