専業主婦の希望は難しい?婚活の実情

結婚を意識して出会っている以上自分の希望を伝えないでするわけにはいかない

自分と同世代、離れていても10歳ぐらいの男性の中には働かない女性は受け入れられないのか、良い縁に恵まれることはありませんでした。
あまりにも婚活がうまくいかない為、専業主婦の希望を取り下げたところ、一気に出会いが増え、マッチングアプリなどでもそれ以外の条件に合致した男性がたくさんピックアップされたのです。
正直、何とも言えない気持ちにはなりましたが、こちら側も少しは妥協しなければ出会いすらありませんから、我慢する必要がある部分だと割り切りました。
出会った男性の中には、正社員以外の働き方を許さないという人もいて、パートならばそれは怠慢だと言う人までいたことには驚かされましたが、経済的な負担は年々増えている以上仕方がないのかもしれません。
自分の希望をあまり表に出さなければ、良い条件の男性と知り合えることを知り、良縁に恵まれてお付き合いを開始したこともあります。
結婚を意識して出会っている以上、自分の希望を伝えないでするわけにはいかないと考え、希望を伝えると大反対されることもありました。
もちろん、専業主婦になるからといって一生涯家にいるつもりはありませんし、子供の状態によっては早い段階から働き始めることも考えています。
それでも最初から反対されてしまうと、その人とは結婚できないのではないかと思うようになってしまうのです。

専業主婦になりたいと考えていた / 結婚を意識して出会っている以上自分の希望を伝えないでするわけにはいかない / 幸せな毎日を送ることが出来ています